ロゴ

納骨堂に関する情報〜現代に合った葬儀スタイルを知る〜

>アーカイブ>納骨堂とはどんなものなのか知っておくと葬儀でも困らない

知らないことがたくさんある

冠婚葬祭はとても身近なものですが、意外と知らないことがたくさんあるものです。墓地と霊園とはどんな違いがあるのかや、納骨堂とはなんなのかなど、早めに知っておけばもしものときも慌てずに済みます。

お墓参りに行く場所は墓地と霊園どっち?

墓地

分かりやすい見分け方でいうと、お寺の隣にあるのが墓地です。基本的にはそのお寺の檀家の人しか墓地に入ることはできません。寺院の運営費用はその檀家からの寄付によって成り立っています。

霊園

必ずしも寺院に属さなくてもお墓を作ることができるのが、霊園です。特定の宗教法人に属しているなら専用の霊園が基本的には用意されていますが、宗派不問のところも多いです。

宗派によって様々

日本は無宗教の人が多いですが、寺院に代表されるように、冠婚葬祭の際には仏教の形式で式が執り行なわれます。他にも宗派によっていろんな形式があるので、知っておくと良いでしょう。

葬儀の考え方の違いは知っておこう

合掌

仏式葬儀はすべての宗派で同じですか?

実は仏式葬儀といってもいろんな宗派があり、その宗派によって葬儀の形式も異なってくるのです。法相宗や華厳宗は単一宗派ですが、真言宗でいうとその中でも派が分かれてくるので注意です。

神式葬儀はどんな特徴がありますか?

末期の水は榊の葉につける、枕直しをするなどの違いがありますが、基本的には一般の葬儀と変わりありません。こまごまとした違いは、他にも帰幽報告というものがあります。この際祖霊舎には前面に白い紙を貼っていきます。

教会で葬儀は行なえますか?

教会での葬儀は、基本的には故人がキリスト教徒でなければ執り行なうことはできません。死を迎える際の儀式が重要で、司祭が祈りを捧げなければなりません。逝去したらいったん遺体は自宅に安置し、通夜まで行なうのは一般の葬儀と同じです。

納骨堂とはどんなものなのか知っておくと葬儀でも困らない

花

土に還さない方法

家族葬や直葬など、様々な葬儀の形式が増えてきていますが、納骨堂に遺骨を納める方法も今利用する人が多くなっています。
昭和初期からある方法で、骨壺を境内で預かってもらう形式だったのですが、今までとは違った形式の納骨堂もあるのです。

葬儀

お墓を継承する人が減っている

立派な墓石を使ってお墓を作ってあげるのも良い方法ではありますが、何かと管理が大変です。納骨堂に遺骨を収めれば、そういったお墓の管理も行なわずに済みます。
現代ではお墓の継承者も減ってきている現状がありますので、こういった形式のお墓は現代人に合っているのです。

合掌

ロッカー形式の納骨堂

納骨堂の形式は様々で、最近人気になっているのがロッカー形式です。ロッカーのような納骨堂がたくさん並んでいるところで、骨壺を一つのケースで一つずつ管理できるようになっています。一人ずつではなく、夫婦で入れるような壇も増えてきています。

ろうそく

自動搬送式でもちゃんとお墓参りできる

多くの骨壺を収めた厨子を一ヶ所で自動搬送式によって管理している納骨堂もあります。このタイプだと一つにまとまっていてちょっと寂しい、と感じる方も多かったのですが、お墓の形をした壇に厨子を置いてお参りすることも可能です。そうすれば、きちんと一人一人にお参りをする感覚を持つことができます。

墓地はこうやって選ぶ!ポイントを押さえよう

合掌

宗派

まずは故人の宗派を確認しましょう。菩提寺がある場合はそこで墓地が作れます。また、それ以外で新しく作るというのであれば、お寺を探す必要があります。特に宗派がない人は民営墓地を始めとするところが用意されているので気軽に借りることができるでしょう。

交通の便

若いときにはお墓参りも苦ではないかもしれませんが、年を重ねると不便なところにある墓地は通いにくくて大変です。そのため交通の便はチェックするべきでしょう。また、周辺環境の開発状況も調べておくという人もいます。

価格

都市部になると自然と土地の値段が上がっていきますが、これは墓地に関しても同じことがいえます。価格は土地に加えて、墓地を建設する費用や霊園の管理費なども含まれてきますので、土地の値段だけを見て判断するべきではありません。