ロゴ

様々なタイプがある納骨堂【費用が安いのが特徴】

>レポート>納骨堂のことを知らない人は読んでおこう【基本的な知識】

納骨堂のことを知らない人は読んでおこう【基本的な知識】

女性

サービスの概要

納骨堂というのは、遺骨を安置するためのスペースを個々に提供する施設、およびサービスのことを指します。例えるなら、一般的なお墓が戸建住宅だとするなら、納骨堂はマンションなどの集合住宅にあたるものだと言えるでしょう。施設の運営は、民間や公営、そして寺院の場合があるなどさまざまであり、ロッカータイプや仏壇タイプ、そして立体駐車場のような仕組みを持つ機械タイプなど多様なタイプがあります。そして納骨堂は、施設に対して管理費などの名目の費用を支払うことにより、基本的に永代供養を行ってもらうことが可能です。ただし永代といっても、33回忌や50回忌といった一定の期間が過ぎた後は合祀される(他の遺骨と一緒に埋葬される)ケースが多いと言えるでしょう。

合掌

メリットとデメリット

納骨堂の特徴は、一般的なお墓と比較すると分かりやすいのでそれぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。まず一般的なお墓は、一度建ててしまえば代々に渡って使えるというメリットがあると言えますが、費用が高く、掃除や献花といった管理の手間もかかるというデメリットがあります。一方で納骨堂は、費用が安いという点が魅力であり、施設側が管理を行ってくれるため管理の手間もかからないというメリットがあると言えるでしょう。費用に関しては、一般的なお墓の場合は土地代などを含めて200万円程度かかるのが相場だと言われていますが、納骨堂の場合は30万〜50万円程度が相場になります。ただし納骨堂は、一定の期限を過ぎると合祀されてしまう場合が多いため、その点はよく確認しておいた方がよいでしょう。